スタッフ紹介します!

 「児童発達支援事業・放課後等デイサービス ゆう」を管理・運営している団体特定非営利活動法人遊び屋本舗 遊び屋本舗の理事長 山田ぼすです!写真の黄色い人です!!!(写真は2019年5月に開催したワイルドキャンプQのものです)

 今日は新事業「児童発達支援事業・放課後等デイサービス ゆう」で働くスタッフを紹介させてください!

 我々「ゆう」では来てくれたみんなにあわせた内容で活動してもらえるように、みんなの「やりたい!」をサポートできるスタッフを集めました!

 では、どんなスタッフがいるのか紹介!と、その前に「ゆう」を運営している遊び屋本舗の紹介を!!今年で19年目を迎える団体で、メインの活動は小学生たちを集めてキャンプをしています。 19年間も学校にチラシを配布させてもらっているので知名度は上がっています!!そんなキャンプの情報はホームページを!「遊び屋本舗」で検索してください! 

 19年間、参加する小学生の「楽しい」「やりたい」の声を聴きながらプログラムを作ってきました。ついつい大人のやらせたいを押し付けてしまいがちな、キャンプ等の活動の中で時間にゆとりをもたせます。30分で完成するだろう工作の時間に3時間、1時間でできるクッキングに2時間。「工作が楽しいからもっと工夫したい!」「料理は完成したけど、お皿洗いを手伝いたい!」「工作苦手だから、終わらせて鬼ごっこしたい」今日から1泊2日ずーっと何やってもいいぞ!となると何をしていいかわからないけど動き回るプログラムにつかれたら、だらだらすればいいし、もっと動いて遊びたいなら遊べばいい。ちょっとプログラムがあることで、次に何したいかが出てきます。その微妙なプログラムの調整に結構時間を費やしました。

 もちろん、簡単なことじゃないし、何よりスタッフは大変です。でも、うちのスタッフはそれが当たり前になっていてすごいなーって感心します。なので、最初にスタッフを集めました!って書いてますが50名近くいる、遊び屋の正会員はだれがスタッフになってもできるのかもしれません。ボランティアの250名も色々感じてくれていると思います。

 じゃあ、今回どうしてこのメンバーを選んだのか!ひとつ目の理由としては立ち上げた19年前からずっと一緒に活動しているメンバーだということです。試行錯誤していた時もずっと一緒にいたからです。もうひとつは、「保育士」だということです。きちんと学んできちんと資格を持っているからです。

 長年、遊び屋本舗で活動して、保育士をやっていたり、障がい者施設で働いていたりした経験の持ち主が、来てくれるみんなにあわせてそこで活動していく。みんなの楽しいを作っていく! 学ぶために遊ばされるのではなく、本当に楽しく遊んで、そこから学ぶ。そんな日々を一緒に過ごしましょう! 

 

 では、私、ぼすが自信をもって紹介する「ゆう」のスタッフです!※遊び屋本舗の活動ではキャンプネーム(あだ名)を使ってますのでスタッフもそれで!●管理者 かんちゃん●児童発達支援管理責任者 みかんちゃん●保育士 じゃい さっと みきてぃ●色々手伝ってくれる人 ほーなー どんな人か気になりますか??では、次の投稿から「自己紹介」「他己紹介」で紹介します!!!

※この記事は、2019年7月のものです!